泥鰌鍋

どじょうなべ/どぢやうなべ
三夏
泥鰌汁/柳川鍋

割いた泥鰌、あるいは一匹ものの泥鰌を笹がきにした牛蒡と一緒に煮て、卵で閉じたものが一般的。泥鰌も牛蒡も卵も栄養価が高く、夏の乗り切るにはもってこいの鍋である。

更くる夜を上ぬるみけり泥鰌汁
芥川龍之介 「澄江堂句集」

くらくらと煮えかへりけり鰌汁 
村上鬼城 「定本鬼城句集」

灯を入れて葭戸透くなり泥鰌鍋
石田波郷 「酒中花」

コメントは受け付けていません。