神無月(かんなづき)初冬

【子季語】
時雨月、神去月、神有月、初霜月
【解説】
陰暦十月のこと。出雲の国に全国の神々が集まり、各地のお宮では神々が留守になるという。急速に季節がうつろう頃でもある。出雲では神在月、神有月ともいう。

*

禅寺の松の落葉や神無月
凡兆 「猿蓑」

船馬にまた泣きよるや神無月
去来  「去来 発句集」

神無月火ともす禰宜の直キ哉
言水 「俳諧五子稿」

柏手もかれ行く森や神無月
也有 「蘿葉集」

くれがたや障子の色も神無月
蒼? 「蒼?翁発句集」

薬草の一束揺れる神無月
飯田龍太 「山の木」

コメントは受け付けていません。