立冬(りっとう)初冬

【子季語】
冬立つ、冬に入る、冬来る、今朝の冬
【解説】
冬の最初の日。二十四節気の一。太陽暦の十一月八日頃。まだそれ程寒くはないが、冬の声を聞くと吹く風もこころなしか冷たく感じられる。

*

あらたのし冬たつ窓の釜の音
鬼貫 「仏兄七久留万」

けさの冬よき毛衣を得たりけり 
蕪村 「句集拾遺」

菊の香や月夜ながらに冬に入る 
正岡子規 「子規句集」

背の陽のたのしくて冬はじまりぬ
日野草城 「旦暮」

句を作るこころ戻りぬ冬立ちぬ
日野草城 「旦暮」

けさ冬や鯵のひらきに皃ふたつ
長谷川櫂 「蓬莱」

きつちりと巻かれしホース冬に入る
高田正子 「花実」

コメントは受け付けていません。