冬ざれ(ふゆざれ)三冬

【子季語】
冬され、冬ざるる
【解説】
冬になり草木が枯れると共に海、山など見渡す限りの景色が荒れ果てた感じをいう。「冬されば」の誤用で「冬され」ともいう。

*

冬ざれや北の家陰の韮を刈る
蕪村 「五車反古」

冬ざれや小鳥のあさる韮畠
蕪村 「蕪村句集」

冬ざれや足にこたゆる貝の殻
闌更 「三傑集」

冬ざれやきたなき川の夕烏
定雅 「続明烏」

冬ざれや厨に赤き蕪かな 
正岡子規 「子規句集」

冬ざれて火焔つめたき不動かな
正岡子規 「子規全句集」

大石や二つに割れて冬ざるる
村上鬼城 「定本鬼城句集」

冬ざれや小石を嗅ぎに犬戻る
長谷川櫂 「天球」

コメントは受け付けていません。