冬至(とうじ)仲冬

【子季語】
冬至餅、冬至南瓜、一陽来復
【解説】
二十四節の一つで太陽が最も南行し、一年中で昼が最も短く、夜が長い日。十二月二十二日頃にあたる。無病息災を祈って柚子風呂に入ったり、粥や南瓜を食したりする。 

*

待たらんに行ばや我も冬至の日
支考 「文星観」

冬至より来るもいまだ雪の空
北枝 「柞原」

門前の小家も遊ぶ冬至かな
凡兆 「猿蓑」

貧乏な儒者訪ひ来る冬至かな
蕪村 「落日庵句集」

禅院の子菓子貰ふ冬至かな
召波 「春泥発句集」

鶯のうしろ影見し冬至かな
凡菫 「井華集」

日本の冬至も梅の咲きにけり 
一茶 「七番日記」

上加茂へふと参りたき冬至かな
蒼? 「蒼?翁発句」

風雲の少しく遊ぶ冬至かな
石田波郷「病鴈」

コメントは受け付けていません。