師走(しわす、しはす)暮

【子季語】
極月、臘月、春待月、梅初月三冬月、弟月、親子月、乙子月
【解説】
陰暦十二月の異称だが陽暦でも使われる。語源については諸説あるが、この月には師(僧)が仏事などで忙しく走り回ることから、というのが一般的であろう。

*

月白き師走は子路が寝覚かな
芭蕉 「泊船集」

旅寝よし宿は師走の夕月夜
芭蕉 「熱田三歌仙」

雪と雪今宵師走の名月か
芭蕉 「笈日記」

何に此師走の市へ行烏
芭蕉 「生駒堂」

中ゝに心をかしき臘月(しわす)哉
芭蕉 「芭蕉書簡」

銭湯の朝かげきよき師走かな
惟然 「有磯海」

コメントは受け付けていません。