行く年(ゆくとし)暮

【子季語】
暮れ行く年、年逝く、年流る、流るる年、年浪流る、去ぬる年、年送る、年歩む
【解説】
押し詰まった年末、忙しい日々の束の間に、過ぎ去ったこの年を思い浮かべる。また残り少なくなった暮れの日数にも感慨深いものがある。

*

行く年や石噛みあてて歯にこたへ
来山 「元禄七年歳旦牒」

行年や芥流る々さくら川
蕪村 「夜半亭」

行年の脱けの衣や古暦
蕪村 「落日庵」

行く年や空の青さに守谷まで
一茶 「我春集」

ゆく年の調度の中の覆鏡
原石鼎 「全句集」

悪妻の悪母の吾の年いそぐ
竹下しづの女 「はやて」

年過ぎてしばらく水尾のごときもの
森澄雄 「花眼」

激流に呑まるるごとく年は去る
長谷川櫂 「初雁」

コメントは受け付けていません。