大晦日(おおみそか、おほみそか)暮

【子季語】
大三十日、大歳、除日、大年
【解説】
晦日は三十日とも書き、月の第三十番目の日。転じて、月の末日をいう。大晦日は即ち一年の最後の十二月三十一日のこと。「大つごもり」ともいう。

*

大晦日定めなき世のさだめ哉
西鶴 「類題発句集」

大年も雀の遊ぶ垣ほかな
杉風  「杉風句集」

鶴おりて日こそ大きに大晦日
其角  「五元集」

侘しさや大晦日の油売り
會良 「翁草」

大年やころほひわかぬ燠くづれ 
芝不器男  「不器男全句集」

吹き晴れし大つもごりの空の紺
星野立子「句日記Ⅰ」

大年の法然院に笹子ゐる
森澄雄 「鯉素」

入りてゆく眠りの壺に年の雨
森澄雄 「游方」

大年の梵鐘を音揺らぎ出づ
長谷川櫂 「初雁」

コメントは受け付けていません。