寒の内(かんのうち)晩冬

【子季語】
寒中、寒、寒四郎、寒九
【解説】
寒の入(小寒の日)から、立春の前日までをいう。単に寒とも寒中ともいう。太平洋側はからりと晴れる日が続き、日本海側は鉛色の雪雲に覆われる。大寒、小寒など、類季語は微妙に配されているので、体感を踏まえつつ用いたいもの。

*

干鮭も空也の痩せも寒の内
芭蕉 「膳所歳旦帳」

のら猫の声もつきなや寒のうち
浪化 「有礎海」

海老焼きてやまひに遊ぶ寒の内
樗良 「樗良発句集」

薬のむあとの蜜柑や寒の内
正岡子規 「子規句集」

美食して身をいとへとや寒の内
村上鬼城 「定本鬼城句集」

湯に透きて寒九の臍ののびちぢみ
加藤楸邨「吹越」

コメントは受け付けていません。