短日(たんじつ)三冬

【子季語】
日短、日短し、日つまる、暮早し、暮易し、短景
【解説】
冬の日の短いことをいう。秋分以降、十一月、十二月と日暮は早くなり、冬至は最も日中の時間が短くなる。

*

日短かやかせぐに追ひつく貧乏神
一茶 「文政八年句帖」

短日の照らし終せず真紅ゐ 
川端茅舎 「俳句文学全集」

短日の梢微塵にくれにけり
原石鼎 「花影」

妻よ我が短日の頬燃ゆるかな
石田波郷「惜命」

コメントは受け付けていません。