寒し(さむし)三冬

【子季語】
寒さ、寒気、寒威、寒冷、寒九
【解説】体感で寒く感じること、と同時に感覚的に寒く感じることもいう。心理的に身がすくむような場合にも用いる。

*

ごを焼て手拭あぶる寒さ哉
芭蕉 「笈日記」

寒けれど二人寝る夜ぞ頼もしき
芭蕉 「真蹟自画賛」

袖の色よごれて寒しこいねずみ
芭蕉 「蕉翁句集」

人々をしぐれよ宿は寒くとも
芭蕉 「蕉翁全伝」

塩鯛の歯ぐきも寒し魚の店
芭蕉 「薦獅子集」

しかられて次の間へ出る寒さかな
支考 「枯尾花」

うづくまる薬の下の寒さかな
丈草 「枯尾花」

朝の日の裾にとゞかぬ寒さかな
千代女 「千代女尼句集」

薪舟の関宿下る寒さかな
正岡子規 「寒山落木」

鞍とれば寒き姿や馬の尻
河東碧梧堂桐 「春夏秋冬」

さむきわが影とゆき逢ふ街の角
加藤楸邨「寒雷」

しんしんと寒さがたのし歩みゆく
星野立子「立子句集」

水のんで湖国の寒さひろがりぬ
森澄雄 「浮鷗」

藍甕の藍をうかがふ寒さかな
長谷川櫂 「松島」

コメントは受け付けていません。