凍る(こおる、こほる)三冬

koori【子季語】
氷る、凍ゆ、凍む
【解説】
寒気のためものが凍りつくこと。河や湖ときには室内の雑巾や花なども凍ってしまう。

*

油凍りともし火細き寝覚めかな
芭蕉 「書簡」

艪の声波ヲうつて腸氷ル夜やなみだ
芭蕉 「武蔵曲」

うらの戸や腹へひゞきて凍割るる
一茶 「七番日記」

こほらねど水ひきとづる懐紙かな
守武 「守武千句」

捨舟のうちそとこほる入江かな
凡兆 「蕉門古人真蹟」

音やむはいてつくならむ夜の笹
立志 「あやにしき」

凍つけば凍つきながら笹の風
秋之坊 「白陀羅尼」

庭草のよごれしままに風の凍
白雄 「白雄句集」

庭土や凍て藁しく冬の海
成美 「いかにいかに」

ともし行く灯や凍らんと禰宜が袖
正岡子規 「子規句集」

頬凍て子の帰り来る夕餉哉
正岡子規 「子規句集」

氷る夜の文殊に燭をたてまつる
川端茅舎 「川端茅舎句集」

流れたき形に水の凍りけり
高田正子 「花実」

コメントは受け付けていません。