冱つ(いつ)三冬

【子季語】
凍つ、凍、凍晴、凍結、凍道、凍窓、凍光、凍割る、凍つく、凍曇、凍霞、凍靄
【解説】
寒気にあって凝結すること。凍ると同意。凍るように感じられるものにも用いる。

*

庭草のよごれしままに風の凍
白雄 「白雄句集」

うらの戸や腹へひびきて凍て割るる
一茶 「七番日記」

駒ケ岳凍てて巌を落しけり 
前田普羅 「定本普羅句集」

大鯉の屍見にゆく凍のなか
飯田龍太 「山の木」

冱つる夜を炙りて召せと酒の粕
長谷川櫂 「古志」

コメントは受け付けていません。