冴ゆ(さゆ)三冬

【子季語】
冴る夜、冴る月、冴える星、冴る風、声冴る、影冴ゆ
【解説】寒さが厳しく、あらゆるものに透き通ったような、凜とした、冷たさを感じること 。

*

物音やさゆる柏の掌 
才麿 「佐郎山」

冴ゆる夜のともし火すこし眉の剣
園女 「菊の塵」

風さえて今朝よりも又山近し
暁台 「暁台句集」

灯の冴ゆる机の上の夜半かな 
坂本四方太 「春夏秋冬」

風冴えて魚の腹さく女の手 
石橋秀野 「桜濃く」

さえざえと夜の声を出す女面
長谷川櫂 「古志」

コメントは受け付けていません。