冬日和(ふゆびより)仲冬

【子季語】
冬晴、冬麗
【解説】
小春日が初冬の季語であるのに対し冬日和は厳寒の季語になる。よく晴れた冬の穏やかなひと日は、雪国の人たちにとって貴重な一日となる。

*

天照や梅に椿に冬日和  
鬼貫 「俳諧七車」

家一つ畠七枚冬日和 
一茶 「亨和句帖」

冬晴の雲井はるかに田鶴まへり
杉田久女 「杉田久女句集」

冬晴や水上たかく又遠く 
前田普羅 「飛騨紬」

コメントは受け付けていません。