凩(こがらし)初冬

【子季語】
木枯
【解説】
冬の到来を告げる強い北風。乾いた木の葉を吹き落とし、木を枯らす風という意味もある。吹き飛ばされた枯葉は風の道筋を追いかけてゆく。

*

狂句こがらしの身は竹斎に似たる哉
芭蕉 「冬の日」

木枯やたけにかくれてしづまりぬ
芭蕉 「島の道」

京にあきて此こがらしや冬住ひ
芭蕉 「笈日記」

木枯に岩吹とがる杉間かな
芭蕉 「笈日記」

こがらしや頬腫痛む人の顔
芭蕉 「猿蓑」

凩の果はありけり海の音
言水 「新撰都曲」

木がらしの吹き行くうしろ姿かな
嵐雪 「続虚栗」

木枯や苅田の畦の鉄気水
惟然 「続猿蓑」

こがらしや滝吹きわけて岩の肩
召波 「春泥発句集」

木枯や錦をさらす京の店
大須賀乙字 「乙字句集」

木がらしや目刺にのこる海の色
芥川龍之介 「澄江堂句集」

木枯やひろ野を走る雲のかげ
森鴎外 「うた日記」

凩や焦土の金庫吹き鳴らす
加藤楸邨「野哭」

凩にかざして買ふや竹箒
長谷川櫂 「果実」

コメントは受け付けていません。