時雨(しぐれ)初冬

sigure1【子季語】
朝時雨、夕時雨、小夜時雨、村時雨、北時雨、片時雨、時雨雲、時雨傘、時雨心地、時雨の色、月時雨、松風の時雨
【解説】
冬の初め、降ったかと思うと晴れ、また降りだし、短時間で目まぐるしく変わる通り雨。この雨が徐々に自然界の色を消して行く。先人達は、さびれゆくものの中に、美しさと無常の心を養ってきた。

*

一時雨礫や降て小石川
芭蕉 「江戸広小路」

行雲や犬の欠尿(かけばり)むらしぐれ
芭蕉 「六百番俳諧発句合」

草枕犬も時雨るかよるのこゑ
芭蕉 「甲子吟行」

この海に草鞋(わらんぢ)捨てん笠時雨
芭蕉 「皺箱物語」

新わらの出そめて早き時雨哉
芭蕉 「蕉翁句集」

あはれさやしぐるる頃の山家集
素堂 「陸奥鵆」

深川は月も時雨るる夜風かな
杉風 「続虚栗」

幾人かしぐれかけぬく勢田の橋
丈草 「猿蓑」

まぼろしの鹿はしぐるるばかりかな
加藤楸邨「まぼろしの鹿」

国栖人のしぐれて染めし楮紙
長谷川櫂 「蓬莱」

 

コメントは受け付けていません。