冬の雨(ふゆのあめ)三冬

【子季語】
凍雨
【解説】
冬に降る雨のこと。音もなく蕭々と降る冷たい雨は人を芯から凍えさせる。気温 が下がると、霙から雪に変わる雨でもある。

*

面白し雪にやならん冬の雨
芭蕉 「千鳥掛」

冬の雨柚の木の刺(とげ)の雫かな
蕪村 「夜半叟句集」

宵やみのすぐれて暗し冬の雨 
太祇 「太祇句稿後編」

冬の雨火箸をもして遊びけり
一茶 「「七番日記」

コメントは受け付けていません。