霰(あられ)三冬

【子季語】
初霰、夕霰、玉霰、雪あられ、氷あられ、急霰 
【解説】
雪の結晶に雲の水滴が付着してできるもの。白く小粒の玉となって降ってくる。気温の冷え込む朝夕に多く見られる。地を跳ね、軒をうち、さっと降り、直にやむ。さっぱりと、いさぎよい。雪霰と氷霰があるが、いずれも粒々は、丸く美しい。「玉霰」などと、めでられる由縁である。

*

石山の石にたばしるあられ哉 
芭蕉 「麻生」

いざ子どもはしりありかむ玉霰 
芭蕉 「智周発句集」

あられせば網代の氷魚を煮て出さん
芭蕉 「花摘」

玉あられ鍛冶が飛火にまじりけり 
暁台 「暮雨巷句集」

夕霰ねんねんころりころり哉
一茶 「一茶句集」

呼かへす鮒売見えぬ霰哉 
凡兆 「猿蓑」

水仙の根に降たまる霰哉
吟江 「推敲日記」

藁灰にまぶれてしまふ霰かな
正岡子規 「子規句集」

玉霰花無き梅を降り包み
松本たかし 「石魂」

鉄鉢の中へも霰
種田山頭火 「草木塔」

さを鹿の角にたばしる霰かな
長谷川櫂 「虚空」

コメントは受け付けていません。