霙(みぞれ)三冬

mizore
【子季語】
みぞる、雪雑り、雪交ぜ
【解説】
雪が溶けかけて雨まじりになったり、冷たい雨が次第に雪まじりになったりすることをいう。美しさや風情を愛でるというよりは、やや暗い複雑な心理に重ねて詠むことが多い。

*

淋しさの底ぬけてふるみぞれかな
丈草 「篇突」

棕櫚の葉のばさりばさりとみぞれけり?
正岡子規 「子規句集」

宝塔に檜の風のみぞれかな
河東碧梧桐 「新俳句」

吹きまはす浦風に霰霙かな
河東碧梧桐 「碧梧桐句集」

コメントは受け付けていません。