霜(しも)三冬

【子季語】
霜解、霜晴、大霜、深霜、強霜、朝霜、霜の声、霜凪、霜雫、霜の花、霜日和、霜だたみ
【解説】
晴れた寒夜、空気中の水蒸気がそのまま冷え、屋外の物や地面にふれて、その表面についた氷。「万葉集」以来、詠まれ、「枕草子」で清少納言は「冬はつとめて霜のいと白きも」と書いている。

*

葛の葉のおもてなりけり今朝の霜
芭蕉 「雑談集」

ありがたやいたゞいて踏はしの霜
芭蕉 「芭蕉句選」

霜枯に咲くは辛気の花野哉
芭蕉 「続山の井」

霜を着て風を敷寝の捨子哉
芭蕉 「六百番俳諧発句合」

霜をふんでちんば引まで送りけり
芭蕉 「茶のさうし」

火を焚て今宵は屋根の霜消さん
芭蕉 「はせを翁略伝」

薬呑むさらでも霜の枕かな
芭蕉 「如行集」

さればこそあれたきまゝの霜の宿
芭蕉 「笈日記」

かりて寝む案山子の袖や夜半の霜
芭蕉 「其木がらし」

夜すがらや竹こほらするけさのしも
芭蕉 「真蹟画賛」

野の馬の韮をはみ折る霜の朝
蕪村 「蕪村遺稿」

つやつやと柳に霜の降る夜かな
暁台 「暮雨巷句集」

影むらさき霜を染なす旭かな
杉風 「杉風句集」

星座なべて煌めくは霜降りかゝる
渡辺水巴 「水巴句集」

死や霜の六尺の土あれば足る
加藤楸邨「野哭」

十二月八日の霜の屋根幾万
加藤楸邨「雪後の天」

強霜の富士や力を裾までも
飯田龍太 「百戸の谿」

一霜の降りたる竹の箒かな
長谷川櫂 「蓬莱」

コメントは受け付けていません。