初雪(はつゆき)初冬

hatuyuki
【解説】
その冬、はじめてふる雪のこと。古人は月や花と同じように雪を賞美した。雪は豊年の吉祥でもあった。「初」の一字に、よろこびの心があり、本格的な冬が始まるという覚悟がある。

*

初雪や水仙の葉の撓むまで
芭蕉 「泊船集」

初雪やかけかかりたる橋の上
芭蕉 「泊船集」

初雪や幸ひ庵に罷有る
芭蕉 「続虚栗」

初雪やいつ大仏の柱立
芭蕉 「笈日記」

初雪や聖小僧の笈の色
芭蕉 「勧進牒」

初雪や門に橋ある夕まぐれ
其角 「続の原」

初雪や雀の扶持の小土器
其角 「喪の名残」

初雪や羅紗の羽織にのしめ鞘
去来 「西の雲」

初雪や四五里へだてゝ比良の嶽
去来 「去来発句集」

初雪の市にうらばや雉子兎
正秀 「続有磯海」

初雪や古郷見ゆる壁の穴
一茶 「旅日記」

闇の夜のはつ雪らしやぼんの凹
一茶 「七番日記」

初雪のあとの青空金閣寺
長谷川櫂 「蓬莱」

コメントは受け付けていません。