冬の山(ふゆのやま)三冬

【子季語】
冬山、枯山、山枯る、雪嶺、冬山家、冬山路、冬山肌、冬嶺、冬登山
【解説】
冬になり草木の枯れ尽くした山。山脈は雪をかぶりその美しさは格別。低い山ではスキーやスノーボードなど冬のスポーツを楽しむ人も増えてきた。登山をする人もいるが遭難者も多い。

*

心隈なくぞ覚ゆる冬の山
才磨 「一字幽蘭集」

鵜の糞の白き梢や冬の山 
惟然 「藤の実」

めぐり来る雨に音なし冬の山
蕪村 「遺草」

あたたかき雨にや成らん冬の山 
召波 「高徳院発句会」

かくれなく重なり合ふや冬の山
蝶夢 「草根発句集」

筆頭でかぞへて見たる冬の山
一茶 「七番日記」

里囲む冬の三山晴れにけり
大須賀乙字 「乙字句集」

雪嶺よ女ひらりと船に乗る
石田波郷 「鶴の眼」

雪嶺のひとたび暮れて顕はるる
森澄雄 「雪眼」

枯山の月今昔を照らしゐる
飯田龍太 「山の木」

コメントは受け付けていません。