山眠る(やまねむる)三冬

【子季語】
眠る山
【解説】
冬山を擬人化したもの。中国の山水画伯、郭煕の画論の次の言葉「冬山惨淡として眠るがごとく」が、この季語の原点。春は「山笑ふ」夏「山滴る」秋「山粧ふ」、季節に応じて使い分けのできる重宝な季語。

*

君が世や風治りて山ねむる
一茶 「寛政句帖」

果樹園の門を閉ざしぬ山眠る
前田普羅 「普羅句集」

眠る山佐渡見ゆるまで径のあり
前田普羅 「定本普羅句集」

日あたりの海ほかほかと山眠る
尾崎紅葉 「紅葉句集」

コメントは受け付けていません。