枯野(かれの)三冬

【子季語】
枯原、裸野、枯野道、枯野宿、枯野人、枯野原
【解説】
草の枯れ果ててひっそりとした冬の野。日、雨、風が寂々とわたり、荒涼とした景であるが、やがておとずれる芽吹きの季節を待つ姿でもある。

*

旅に病で夢は枯野をかけ廻る
芭蕉 「笈日記」

蕭条として石に日の入る枯野かな
蕪村 「蕪村句集」

枯野行人や小さう見ゆるまで
千代女 「千代尼句集」

戸口迄ついと枯込む野原哉
一茶 「七番日記」

荻窪や野は枯れ果てゝ牛の声
内藤鳴雪 「改造文学全集」

旅人の蜜柑食ひゆく枯野哉
正岡子規 「子規句集」

吾が影の吹かれて長き枯野かな
夏目漱石 「漱石全集」

チンドン屋枯野といへど足をどる
加藤楸邨「山脈」

家建ちて硝子戸入るる枯野かな
渡辺水巴 「水巴句集 」

枯野来し人の指輪の光りけり
前田普羅 「普羅句集」

八方に山のしかかる枯野かな
松本たかし  「松本たかし句集」

大枯野突き破つてや伊吹山
長谷川櫂 「虚空」

コメントは受け付けていません。