冬田(ふゆた) 三冬

【子季語】
冬田道、冬の田、休め田、冬田面、雪の田
【解説】
収穫を終えて、冬を迎えた田をいう。ひつじ穂も枯れ果て、春耕を待ち侘びているかのような風情。雪の積もった「雪の田」も類季語となる。

*

雨水も赤くさびゆく冬田かな
太祇 「太祇句選」

たのみなき若草生ふる冬田かな
太祇 「続明烏」

何となう雨ふる冬の田づらかな
大江丸 「はいかい袋」

昼火事に人走りゆく冬田かな
佐藤紅緑 「紅緑俳句集」

はるかより茜に染まる冬田かな
長谷川櫂 「初雁」

コメントは受け付けていません。