水涸る(みずかる、みづかる)三冬

【子季語】
川涸る、沼涸る、池涸る、滝涸る、涸池、涸沼、涸滝、涸川
【解説】
冬、川や池などの水が涸れること。太平洋側は冬季の乾燥により著しく水量が減る。日本海側では、ダムの積雪により水の流れが悪くなる。水底があらわになり、蕭々とした趣がある。川涸る、瀧涸るとも。

コメントは受け付けていません。