七五三(しちごさん)初冬

【子季語】
七五三(しめ)祝ひ、千歳飴
【解説】
十一月十五日、男児の数え三歳と五歳、女児の三歳と七歳が神社に詣でて祝う行事。紋付や袴姿の男の子、髪を結い上げて飾りつけた女の子が参拝する姿は微笑ましい。千歳飴を引き摺る子、抱かれて帰る子とさまざま。

コメントは受け付けていません。