煤払(すすはらい、すすはらひ)暮

【子季語】
煤掃、加年払、年の煤、煤竹、煤竹売、煤納、煤の日、煤見舞、煤おろし、煤日和、煤の餅
【解説】
家中の埃や塵を払うこと。昔はどの家でも炉を焚いたり、竈で飯を焚いていたから、天井や梁は煤でおおわれ、そのかさが一寸ほどにもなった。今は、昔ほどではないが、新年を迎えるのにきれいさっぱりという気持ちにかわりない。

*

旅寝してみしやうき世の煤はらひ
芭蕉 「笈の小文」

煤はきは己が棚つる大工かな
芭蕉 「炭俵」

煤掃は杉の木の間の嵐哉
芭蕉 「己が光」

すすはきの中へ使ひやひねり文
太祇 「太祇句選」

煤はきやなにを一つも捨てられず
支考 「葛の松原」

煤はきや飴の鳥うる藪のかげ  
士朗 「枇杷園句集」

煤さわぎすむや御堂の朱?燭
一茶 「九番日記」 

煤じまひ沼夕栄の蔵の戸に
河東碧梧桐 「新傾向句集」

梵鐘をくすぐるごとし煤払
長谷川櫂 「蓬莱」

コメントは受け付けていません。