年忘(としわすれ)暮

【子季語】
忘年会、別歳、除夜の宴
【解説】
年末に一年の労苦をねぎらうために開く酒宴。忘年会。その年の労苦を忘れ、また息災に年末を迎えたことを祝う気持ちがある。年末に連歌の興行をしたことに始まるという。  

*

くむ酒やくれ行くとしを忘れ水 
惟中 「俳諧三部抄」

魚鳥の心は知らず年忘れ
芭蕉 「流川集」

半日は神を友にや年忘レ
芭蕉 「八重桜集」

せつかれて年忘するきげんかな
芭蕉 「芭蕉庵小文集」

人に家をかははせて我は年忘
芭蕉 「猿蓑」

人ごころ問はばや年の忘れ様
杉風 「初蝉」

姥ふえてしかも美女なし年忘
其角 「白馬」

霊運もこよひはゆるせとし忘れ
蕪村 「蕪村句集」

酔ひ臥しの妹なつかしや年忘れ
召波 「春泥発句集」

わかき人に交りてうれし年忘れ
几董 「井華集」

いかめしや鯨五寸に年忘れ
樗良 「年尾」

うき恋に似し暁やとしわすれ
青蘿 「青蘿発句集」

独り身や上野歩行てとし忘れ
一茶 「七番日記」

遅参なき忘年会の始まれり
前田普羅 「普羅句集」

とんとんと上る階段年忘れ
星野立子「句日記Ⅰ」

年忘れして新しき年へ又
長谷川櫂 「初雁」

コメントは受け付けていません。