寒紅(かんべに)晩冬

【子季語】
丑紅、寒紅売
【解説】
寒中に造られた紅は品質が良く、美しいとされる。特に寒の丑の日のものは丑紅と言って最も上質とされた。俳句では、寒中に女性が用いる紅一般をも指す。

*

笑み解けて寒紅つきし前歯かな
杉田久女 「杉田久女句集」

古妻の寒紅をさす一事かな
日野草城 「花氷」

寒紅の皓歯にすこしうつろへる
久米三汀 「返り花」

寒紅を買ふ妻をみし小路かな
長谷川櫂 「蓬莱」

コメントは受け付けていません。