追儺(ついな、つゐな)晩冬

setubun
【子季語】
なやらひ、鬼やらひ、儺を追ふ(だをおふ)
【解説】
もともとは中国から伝わった災いを払う宮中の行事。のちに神社寺院に伝わって、二月の節分の行事になった。関東では成田山新勝寺の追儺の豆まきが有名。

*

むつまじや追儺の宵の人の声
才麿 「根合」

追儺(おにやら)ふときにも見えて嶺の星
原石鼎 「原石鼎全句集」

山国の闇恐ろしき追儺かな
原石鼎 「原石鼎全句集」

お抱への力士まかりて追儺哉
巌谷小波 「さゞら波」

またたきて星大粒や鬼やらひ
森澄雄 「白小」

灯のいろを踏めば氷や鬼やらひ
長谷川櫂 「天球」

コメントは受け付けていません。