外套(がいとう、ぐわいたう)三冬

【子季語】
オーバー、オーバーコート
【解説】
冬の防寒着の一つで、オーバー、冬コートともいう。昔は厚手のものが好まれたが、現代では薄手で、軽いものが好まれる。洋服が取り入れられた明治中期以降の季語。

*

外套の着かねつ客のかゝへ去る
正岡子規 「季語別子規俳句集」

句会にも着つゝなれにし古コート
杉田久女 「杉田久女句集」

外套に荒ぶる魂を包みゆく
長谷川櫂 「虚空」

コメントは受け付けていません。