湯豆腐(ゆどうふ)三冬

yudouhu【子季語】
湯奴
【解説】
手軽で身体の温まる人気の逸品。土鍋に昆布のだし汁を入れ、食べやすく切った豆腐を煮立てる。豆腐がゆらゆらとする頃が食べごろ。付け醤油やポン酢に刻み葱、鰹節、唐辛子などの好みの薬味を入れて食べる。京都の南禅寺の湯豆腐は有名。

*

あつあつの豆腐来にけりしぐれけり
来山 「蓬壺集」

湯豆腐や蝦夷の板昆布跳上がり 
渡辺水巴 「水巴句集」

湯豆腐や花凍る雨灯にみだれ
渡辺水巴 「水巴句集」

湯豆腐の浮沈を縫うて朱の箸
日野草城 「草城句集」

さゝ濁りして湯豆腐の湯の熱さ
日野草城 「草城句集」

湯豆腐や裏は風吹く嵯峨の藪
長谷川櫂 「果実」

コメントは受け付けていません。