寒卵(かんたまご)三冬

【子季語】
寒玉子
【解説】
寒中の鶏卵。寒の卵は滋養があると言われる。割ると黄身が盛り上がりいかにもうまそう。これを食べればじきに春がやってくるような気になる。食べ物は何でも命をいただくものだが、寒卵はことにその感が強い。

*

苞にする十の命や寒鶏卵(かんたまご)
太祗 「太祗句集後篇」

寒卵かゝらじとする輪島箸
前田普羅 「普羅句集」

朝の日の鶏舎にあまねし寒玉子
星野立子「春雷」

寒卵薔薇色させる朝ありぬ
石田波郷 「鶴の眼」

ほのと影しあうて二つ寒卵
長谷川櫂 「蓬莱」

コメントは受け付けていません。