鋤焼(すきやき)三冬

【子季語】
牛鍋、魚すき、沖すき、鳥すき、饂飩すき
【解説】
寒い冬には滋養となる。鉄鍋を使うのは、鋤の上にのせて焼いたということの名残りか。焼き豆腐、白滝、葱、麩、春菊、などを加え、割り下には、醤油、味醂砂糖の味付け。文明開化の頃より、庶民に親しまれ、野趣もある。

*

すき焼や浄瑠璃をみて泣いてきて
長谷川櫂 「蓬莱」

コメントは受け付けていません。