煮凝(にこごり)三冬

【子季語】
煮凍、凝鮒
【解説】
煮魚をその煮汁とともに一晩置いて凝固させた料理。また、魚や野菜を煮汁と一緒に、寒天や食用ゼラチンで固めたものもいう。サメ・カレイ・ヒラメ・アンコウ・タイ・スッポン・コチなど、ゼラチン質を多く含む魚を用いる。

*

煮凍や簀子の竹のうす緑
其角 「五元集」

煮凍りへともに箸さす女夫かな 
召波 「其雪影」

煮凍りや格子のひまを洩る月夜
雁宕 「続明鳥」

煮凍りや精進落つる鐘の声  
几董 「続明鳥」

煮凝や深閑として鍋一つ
長谷川櫂 「初雁」

コメントは受け付けていません。