茎漬(くきづけ)三冬

【子季語】
菜漬、葉漬、近江漬、茎の桶、茎の石、茎の水、茎圧す、古漬、青漬、顔見世茎
【解説】
茎や葉のついたまま塩漬にした保存食。野沢菜、京都の壬生菜、広島菜、九州の高菜などがある。汁物やラーメンなどと一緒に食しても風味があってうまい。漬ける桶を茎の桶、重石を茎の石という。 

*

君見よや我が手いるるぞ茎の桶 
嵐雪 「玄峰集」

茎漬や妻なく住むを問ふおうな
太祗 「太祗句選」

後妻のことごとに問ふ茎菜かな
召波 「春泥発句集」

茎漬の氷こごりを歯切れかな
一茶 「九番日記」

茎漬やその浅緑深緑
巌谷小波 「さゞら波」

コメントは受け付けていません。