冬籠(ふゆごもり)三冬

【子季語】
冬ごもる、雪籠
【解説】
雪国などでは冬の間、戸外へ出ず家に籠って暮らすことが多くなる。炬燵に入って本を読みふけったり、囲炉裏端で春にむけての畑仕事の準備をしたりしながら、長い冬があけるのを待つのである。

*

冬籠りまたよりそはん此の柱
芭蕉 「?野」

金屏の松の古さよ冬籠り
芭蕉 「炭俵」

折々に伊吹をみては冬ごもり
芭蕉 「後の旅」

先祝へ梅を心の冬籠り
芭蕉 「曠野」

屏風には山を絵書て冬籠
芭蕉 「蕉翁全伝」

難波津や田螺の蓋も冬ごもり
芭蕉 「市の庵」

鼠にもやがてなじまん冬籠
其角 「いつを昔」

此の里は山を四面や冬籠り
支考 「俳諧曾我」

身に添うてさび行く壁や冬ごもり
太祇 「太祇句集」

新しき茶袋ひとつ冬籠
荷兮 「春の日」

冬ごもり籠り兼ねたる日ぞ多き
白雄 「白雄句集」

薪をわるいもうと一人冬籠
正岡子規 「子規全集」

夢に舞ふ能美しや冬籠
松本たかし 「石魂」

冬ごもり眠れる龍のかたはらに
長谷川櫂 「初雁」

コメントは受け付けていません。