炭(すみ)三冬

【子季語】
木炭、黒炭、堅炭、軟炭、炭の香、鞍馬炭、小野炭、佐倉炭、炭納屋、炭挽く
【解説】
木炭のこと。楢、檪、栗、樫などの材を炭焼竈で蒸焼にした燃料用材。樹木に水気の乏しい冬季が炭焼の季節であり、炭を焼く白い煙には山里の風情がある。現在では主に料理、茶の湯などで用いられる。かつては冬の暖房用として欠かせぬものであった。  

*

小野炭や手習ふ人の灰せゝり
芭蕉 「向之岡」

更くる夜や炭もて炭をくだく音
蓼太 「蓼太句集初編」

朝晴れにぱちぱち炭のきげんかな
一茶 「七番日記」

炭出すやさし入る日すぢ汚しつゝ
芝不器男 「芝不器男句集」

丹念に炭をつぐ妻老いにけり
臼田亜浪 「亜浪句鈔」

コメントは受け付けていません。