埋火(うずみび、うづみび)三冬

uzumibi
【子季語】
いけ火、いけ炭
【解説】
灰の中に埋めた炭火のこと。いけ火、いけ炭ともいう。炉や火鉢によく熾った炭火をたっぷりと灰で覆い、火種を長持ちさせたり火力を調節したりする。

*

埋火も消ゆや涙の煮ゆる音
芭蕉 「曠野」

埋火や壁には客の影ぼうし
芭蕉 「続猿蓑」

埋火や終には煮ゆる鍋のもの
蕪村 「鏡の華」

埋火の夢やはかなき事ばかり
正岡子規 「子規句集」

埋火や煙草を探る枕もと
寺田寅彦 「寺田寅彦全集」

埋火の手応へもなき火箸かな
星野立子「春雷」

埋火や客去ぬるほどに風の音
富田木歩 「定本木歩句集」

埋火や世をくつがへす謀りごと
長谷川櫂 「初雁」

コメントは受け付けていません。