炉(ろ)三冬

【子季語】
囲炉裏、炉火、炉明かり、炉点前、炉話
【解説】
炉は古来、茶道の切炉のことをさしたが、今では囲炉裏をさすことが一般的である。家の床の一部を切って、薪や榾を焚き暖をとる場である。天井から自在鉤を吊るして鍋をかけ煮炊きなどもする。

*

五つ六つ茶の子にならぶ囲炉裏哉  
芭蕉 「茶のさうし」

爐の眠り浪こそきかね須磨明石 
言水 「五子稿」

爐を出でて度々月ぞおもしろき  
野水 「あらの」

炉に近き窓あり雪の山見ゆる 
佐藤紅緑 「紅緑俳句集」

父母は目出度きことに炉火にあり  
前田普羅 「春寒浅間山」

炉火いよよ美しければ言もなし
松本たかし 「石魂」

コメントは受け付けていません。