榾(ほた)三冬

【子季語】
ほだ、根榾、榾火、榾明り、榾の主、榾の宿
【解説】
囲炉裏や竈にくべる焚き物。木の幹や枝、切り株などを干し乾燥させたものを使う。柴や小枝など細めのものは、薪という。これらを添えて火をおこす。

*

榾の火に親子足さす侘びねかな
去来 「?野」

榾の火や暁がたの五六尺
丈草 「炭俵」

父と子よよき榾くべし嬉し顔
太祇 「太祇句集」

榾の火や家につたはる老ひとり
蓼太 「蓼太句集」

榾の火や家はめでたき松柱
成美 「杉柱」

大榾火鏡のごとく澄みてをり
長谷川櫂 「果実」

ここへ来て坐りたまへと榾を継ぎ
高田正子 「花実」

コメントは受け付けていません。