火桶(ひおけ、ひをけ)三冬

【子季語】
桐火桶、火櫃
【解説】
円火鉢のこと。桐の木などをくり抜いて内側を真鍮などの金属板を張ったもの。炭火を入れて暖を取る。彩色をほどこしてあったりもする。平安時代以降用いられたもので枕草子にある。

*

細工絵を親に見せたる火桶かな
来山 「太胡盧可佐」

霜の後撫子さける火桶哉
芭蕉 「勧進牒」

草の屋の行灯もとぼす火桶かな
太祗 「太祗句選」

桐火桶無絃の琴の撫でごころ
蕪村 「雁風呂」

侘びしらに火桶張らうよ短冊で 
蕪村 「落日庵日記 」

老いの手のわななきかざす火桶かな
松本たかし  「松本たかし句集」

コメントは受け付けていません。