焚火(たきび)三冬

takibi
【子季語】
朝焚火、夕焚火、柴焚、落葉焚、焚火趾、夜焚火

【解説】
暖を取るために枯木や廃材を燃やすこと。境内で落葉を焚いたり建築現場で木屑を燃やしたりする冬の光景である。

*

烈々と雪に秋葉の焚火かな
蕪村 「夜半叟」

焚火火の粉吾の青春永きかな
中村草田男 「火の島」

とつぷりと後暮れゐし焚火かな
松本たかし 「松本たかし句集」

帚目の集つてゐる焚火かな
星野立子「笹目」

コメントは受け付けていません。