かんじき 三冬

【子季語】
金かんじき、アイゼン、輪かんじき、板かんじき
【解説】
雪深い道や野を歩行の際、足の埋没を防ぐために雪沓の下に履くもので、主に北国で使われる。丈夫な蔓や竹を曲げ、山漆の皮を巻き込んだりしてしっかりと作る。

*

はくころはげにも寒じき雪の中
季吟 「山の井」

かじき佩いて出でても用はなかりけり
一茶 「文化句帖」

コメントは受け付けていません。