狩(かり)三冬

【子季語】
狩猟、狩場、猟犬、猟期、猟、猟銃、勢子、獣狩、狩の宿、猟筒
【解説】
鳥獣を罠、網、銃などで狩猟することをいう。なお昔から狩りと言えば鷹を用いた鷹狩の意であったが現在では死語に近い。今は銃を用いるのが一般的である。

*

雪ふる夜狩の火見ゆる山手かな
麦羅 「新類題発句集」

草の戸に茶一つ乞へり狩の君 
召波 「春泥発句集」

コメントは受け付けていません。