網代(あじろ)三冬

【子季語】
網代床、網代木、網代簀、網代守、網代杙
【解説】
主に鮎の稚魚である氷魚を捕るために用いられた。読んで字のごとく網の代わりに柴、竹などを編んで端に簀を設け魚を捕る漁法である。宇治川、滋賀県の田上川の網代がよく知られる。

*

しづかさを数珠もおもはす網代守
丈草 「猿蓑」

魚ぬすむ狐のぞくや網代守 
太祇 「太祇句選後扁」

三か月と肩を並べてあじろ守
一茶 「七番日記」

鳥ないて水音暮るる網代かな
蕪村 「落日庵句集」

網代木のそろはぬかげを月夜かな
白雄 「白雄句集」

網代木は幽かに水を奏でけり
長谷川櫂 「虚空」

コメントは受け付けていません。