探梅(たんばい)晩冬

【子季語】
梅探る、探梅行、春の便り
【解説】
春を待ちかねて、まだ冬のうちに早咲きの梅を求めて山野に入ること。枯れ尽くした大地の中に春の兆しを探す心映えを尊ぶ。寒気の残る山野を、一輪の梅を探し求める姿は、人生の真を追い続ける心の旅にも似ている。

*

香を探る梅に蔵見る軒端哉
芭蕉 「笈の小文」

打ち寄りて花入探れ梅椿
芭蕉 「句兄弟」

探梅の人が覗きて井は古りぬ
前田普羅 「新訂普羅句集」

大仏のうしろの山の梅探る
長谷川櫂 「果実」

コメントは受け付けていません。