顔見世(かおみせ、かほみせ)仲冬

【子季語】
歌舞伎顔見世、面見世、足揃、歌舞伎正月、芝居正月
【解説】
江戸時代、役者と劇場の契約は十一月から一年間で、十一月興行に新たに契約を結んだ俳優が勢揃いし、その顔ぶれを見せることからこうよばれた。初日は午前二時ころから興行があった。現在は京都、南座の十二月興行にその雰囲気が残る。                     
*

顔見世は世界の図なり夜寝ぬ人 
西鶴 「花みち」

顔見世や戻りにそしる雪の寸 
来山 「乙矢集」

顔見世や子々孫々も此の桟敷 
太祗 「葎亭画賛集」

旅立ちや貌見世の火も見ゆるより
蕪村 「蕪村遺稿」

かほみせや矢倉に起る霜の声
几薫 「井華集」

顔見せや人の中より明烏 
一茶 「七番日記」

顔見世の楽屋入まで清水に
中村吉右衛門 「ホトトギス雑詠選集」

顔見世の前景気とはなりにけり
日野草城 「花氷」

コメントは受け付けていません。